CBS(Combined Braking System)について

今年の10月1日から原付二種バイク(51-125cc)にはABS(Anti-Lock Braking System)もしくはCBS(Combined Braking System)のどちらかのブレーキシステムを装備しなければならなくなりました。

ABSはセンサーを使って車輪の状態を監視しながらブレーキをかけることで車輪がロックするのを防ぐ装置です。CBSは左右片方のブレーキレバーを握ると前後両輪のブレーキを同時にかける事でブレーキの制動性能を向上させるものです。どちらの装置もバイクの安全性を高めるためのもので原付以上のエンジンバイクでは一般的になってきました。

Maverick S1-1000(60v/1.0kw)にはCBSが装備されます(S-600にはCBSは搭載されません)。S1-1000とS1-600共に前後ともに油圧ブレーキを採用しており車体の軽さを考えると充分に強力なブレーキと考えておりますが、冒頭に記載した法規制に対応するものです。S1-1000が採用したCBSは少しだけ優れもので、右側のブレーキレバーを握ると前輪のブレーキが最初に反応し、少しだけ遅れて後輪のブレーキがかかります。反対に左側のブレーキレバーを握ると後輪のブレーキが最初にかかり、少し遅れて前輪のブレーキがかかります。このようにすることで左右のブレーキレバー使い分けによる操縦性を維持しつつ、ブレーキ性能を向上させることに成功しています。

CBSの技術は電動自転車やペダル付き電動バイクではほとんど実績がありません。私たちは世界中のブレーキメーカーにコンタクトを取りましたが、Maverick S1に合うCBSは見つかりませんでした。そこでエンジンバイク用のCBSメーカーと協力してオリジナルのCBSを開発しています。

ペダル付き電動バイクにおける制御付き油圧CBSの導入はマーベリックS1-1000が世界初のように思います。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。